企業が名刺を作るメリット

HOME » 企業名刺のデザインのコツ » 企業が名刺を作るメリット

企業が名刺を作るメリット

・なぜ企業は名刺を作るのか?

日本では一般的にファーストコンタクトの際には必ず名刺交換を行うというところが多いのですが、なぜ取引先や顧客に対して名刺を渡すのでしょうか?
これはまず相手方に自分たちの紹介をしやすくするためで、口頭でこちらの情報を逐一伝えていくよりも、名刺一枚で伝えられるところまで伝えてしまうほうが話もスムーズに進みますし、何よりもどこの誰が営業にきているのか分かりますので、取引する側も安心できます。

企業が名刺を作る理由はまさにここで、単純に名刺交換をする機会が多いからというだけでなく、自分たちの伝えたいことを伝えやすくするためにあるのです。
もし名刺がなかったらお互いに自分たちの情報を話していかなければなりませんし、どこの誰と話をしたのかメモでも取っておかなければ忘れてしまうでしょう。
名刺がひとつあるだけでどこの誰なのかがわかる、それこそ会社が名刺を作成する最大のメリットと言えるのではないでしょうか?

・営業をするときの名刺の効果

実際に営業に出てみると名刺交換をする場はとても頻繁にあって、ほぼ毎日膨大な数の名刺を配って回る人もいるくらいです。
たくさん名刺を渡しているということはそれだけたくさんの人に会っているということなので、その分レスポンスが返ってくる可能性も高くなります。
せっかくこちらの伝えたいことを伝えたのに、名刺がなければ連絡もできませんし、興味があったとしてもどこの誰に聞いた話なのか覚えていないということもよくあります。
名刺があったから連絡が取れたと答えている人もとても多いですし、名刺に記載されていた会社のホームページのURLを見てアクセスした結果、信頼できると判断して取引することにしたという人もめずらしくありません。
名刺は自分が何者でどんな仕事をしているのかというときにはとても役立つアイテムなのです。

・分かりやすいのが一番

企業が名刺を作成するメリットについてはある程度分かってもらえたと思いますが、名刺はただ作成するのではなく、相手側に情報がきちんと伝わらなければいけませんので、分かりやすさを重視するほうがいいでしょう。
分かりやすい名刺とはまずレイアウトをしっかりして、伝えたい情報を整理することです。
特にもっともピックアップすべきは自分の名前で、その次に企業名、その後連絡先や仕事内容などを記載していきます。
中には履歴書のように職歴を名刺に記載しているところもあるくらいです。