企業の名刺をデザイナーに依頼

HOME » 企業名刺のデザインのコツ » 企業の名刺をデザイナーに依頼

企業の名刺をデザイナーに依頼

・良い名刺と悪い名刺の違いを理解しておこう

企業間で取引をする場合、はじめに名刺交換をすることがほとんどだと思いますが、名刺を見たときにすんなりと情報が入ってくるものもあれば、そうではないものもあります。
これは普段から意識していないと分からない部分ではありますが、良い名刺とは情報がすんなりと入ってくるものですし、読みやすい分、相手が話していることもスムーズに理解できます。
逆に読みにくい名刺だと情報をいちいちチェックしていかなければなりませんので、説明を受けているときもスムーズではなくなってしまいますし、そうすると話を聞くこともおっくうになってしまいます。

名刺ひとつでそこまで変わるの?と思う人もいるかもしれませんが、名刺には渡した本人の名前や会社名、そのほかにもたくさんの情報が記載されていますから、一通り目を通すのが一般的ですし、会社に戻ってからもその名刺を見て情報収集をする人がたくさんいます。
したがって読みやすい名刺には好印象を持つでしょうし、そうでない名刺にはあまり良い印象を持たなくなってしまう可能性が高くなります。

・名刺はデザイナーに相談するのがいいらしい

最近では名刺作成を自社で行うところもありますが、たしかにコスト面を考慮するのであればその選択肢は大いに考えられるものの、クオリティ面を考えるのであればやはりデザイナーに依頼するのがベストです。
デザイナーに依頼するということは当然その分のコストがかかってしまいますが、名刺は企業の顔となるものですし、日常的に使うものですから、しっかりしたクオリティのものを作成しておいて損はありません。
何より名刺を貰った側に良い印象を与えられればそれだけで大きなアドバンテージになるはずです。

・印刷会社に依頼してみよう

名刺を外注する場合は一般的にデザイナーの所属している印刷会社に依頼するケースがほとんどで、印刷会社に依頼すればデザインから印刷まで一括でやってくれるので大変便利です。
まずは名刺に入れる情報を決めてからレイアウトを決め、その後デザインをどうするかデザイナーと協議していきます。
方向性が固まったらそれを形にしていき、最終的に必要な分だけ印刷するというのが流れになります。
どれくらいコストがかかるかはどこに依頼するかによっても違いますので、まずはどれくらいの価格が相場なのか、またコストに見合ったクオリティのものが作れるのかをチェックしてみてください。