企業の名刺をデザインする

HOME » 企業名刺のデザインのコツ » 企業の名刺をデザインする

企業の名刺をデザインする

・企業にとってとても重要な名刺

企業同士でコンタクトを取り合う場合、または顧客に対して自社の商品を紹介したりする場合には必ずと言っていいほど名刺を渡すと思いますが、この名刺は企業にとってとても重要な役割を持っています。
日本のビジネスシーンにおいて名刺は絶対に欠かすことができないアイテムのひとつで、名刺交換=ビジネスマンというイメージを持っている人も多いと思いますし、実際に名刺交換が行われる現場がほとんどではないでしょうか?

それだけに企業の名刺ひとつでも相手方に残すインパクトは変わってきますし、そこでいいイメージを与えることができればその後自分たちと一緒に仕事をしていきたいという気持ちにできるかもしれません。
たかが名刺と思う人もいるかもしれませんが、実際に渡される側になってみると読みやすい名刺はそれだけで良いイメージを持つのではないでしょうか?
つまり企業にとって名刺とはいい挨拶をするための手段としてとても重宝されるべきものだと言えるでしょう。

・デザインするときに注意しておきたいこと

それでは実際に名刺をデザインしていく場合、どのような点がポイントになるかと言うと、まずは名刺の持つ意味がどんなものなのかを意識する必要があります。
名刺はその名の通り名前を伝えるためにありますので、まずは自分の名前がはっきり分かるようにする必要があります。

簡単な方法で言えば文字の大きさを名前の部分だけ大きくしたりすることがあげられますが、文字の大きさひとつとっても名刺作りはけっこう苦労するというのが現状です。
と言うのもひと昔前と比べて現在は提供すべき情報がとても増えてきており、氏名・会社名・会社ロゴ・部署名・役職名・住所・電話番号・メールアドレス・会社のホームページのURLといったものがあげられます。
これらの情報を一枚の名刺に詰め込もうと思うと重要になってくるのがどのようなレイアウトにするかで、これはデザインをスタートする最初の段階で考えなければいけません。

・レイアウトがデザインを決める

まず名刺を作る前に必ずレイアウトを決め、そこが定まったあとにデザインをしていくという流れにすれば無理なレイアウトにする必要もありませんし、デザインもレイアウトに合わせた適切なものにしやすくなります。
もちろん会社ごとに特徴があるでしょうから、そういった部分はうまく活かしつつも伝えやすい名刺を作成してほしいと思います。