印象に残る会社名刺

HOME » 企業名刺のデザインのコツ » 印象に残る会社名刺

印象に残る会社名刺

・魅力的な会社名刺とは

新規で会社を立ち上げるときには会社名刺を作成して社員たちがそれぞれ所持すると思いますが、この名刺は社員ひとりひとりを紹介する、あるいは会社そのものを紹介すると言ってもいいくらい重要度の高いアイテムになります。
たとえば名刺を渡された側の人間が名刺を渡す側の人間に対して不信感を持てば、その名刺に対するイメージもあまりよくないでしょうし、もともとその会社に対して良いイメージを持っていなかったとすると名刺を渡されても、まずはマイナスのイメージから入ってしまうはずです。

しかしそれは逆に言えば最初の印象を良くすることも可能ですし、一度仲違いをしてしまった関係でも名刺一枚で関係を修復できるかもしれません。
魅力的な会社名刺とは相手側の印象に残りやすいというのが重要な要素で、これは正直なところセンスによる部分も大きいので一概にこれがベストという言い方はできませんが、工夫すれば広い範囲で良い印象になる会社名刺が作れるはずです。

・名刺は縦書きか横書きか

次に実際に名刺を作成するときに悩むことのひとつとして、縦書きにするか横書きにするかという点があげられますが、現在スタンダードになりつつあるのは横書きの名刺です。
なぜ横書きがスタンダードになってきているかと言うと、横書きのほうが文字数を一列のうちに稼げるからでしょう。
最近では会社名刺に自社のホームぺージやメールアドレスを記載するところも多いですし、そういった情報を記載するなら、より見やすいほうが何かと便利なので横書きのほうが都合が良いのです。
ただし縦書きがいけないと言っているわけではなく、元来日本語は縦書きがスタンダードでしたし、日本の企業であることをアピールするのであれば縦書きは大いに選択肢として良いと思いますし、スタンダードではないからこそ縦書きというだけでインパクトを与えられる可能性もあります。

・会社名刺はプロに依頼するのがベスト

さらに会社名刺を作成する際には自分たちだけで作成するのではなく、プロに依頼するのがおすすめで、これは会社名刺そのもののクオリティはもちろんいろいろなアドバイスをもらえるからです。
プロのデザイナーの中には幾多の会社名刺をデザインしている人も多いですし、そういった人たちは業種によってどんなデザインの名刺が良いのかということもよく知っています。
ですから積極的な情報収集をしながら名刺作りができるのです。