名刺のデザインを比較してみよう

HOME » 企業名刺のデザインのコツ » 名刺のデザインを比較してみよう

名刺のデザインを比較してみよう

・企業の名刺を作成するときの基本

企業で名刺を作成するときにはどんな情報を掲載すべきか、そしてどのようなデザインにすべきか考えると思いますが、名刺はその企業を紹介するときの最初の入り口となるものなので、まずはしっかりいいイメージを与えられるものを作成しなければなりません。
いいイメージを与えられる名刺を作成するためには、名刺の基本を理解しておく必要がありますので、名刺を作成するときのポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

まず名刺は縦書きか横書きはどちらか選択できますが、現在はメールアドレスや企業のホームページのURLなど長い文章になってしまうケースも多いので読みやすさを考慮して横書きがスタンダードになっています。
次に文字の読みやすさを決めるという点では余白をどれくらい残すか?という部分も重要になりますが、余白を残し過ぎてもよくありませんし、余白がなさすぎるのもごちゃごちゃとしたイメージを与えてしまいます。
余白は基本的に5ミリ程度がベストだと言われているので、この数字を基準にしてみてください。

・自分の名前をもっとも目立たせるデザインに

そして名刺の役割を考えるならもっとも目立たせなければいけないのは名刺を渡す本人の名前で、そのためにはほかの文字と大きさを変えたり、カラーを変えたり、太さを変えるなどの方法があります。
なぜ自分の名前を目立たせる必要があるかと言うと、名刺を渡される立場になってみると分かりやすいでしょう。
名刺を渡される側はどこの企業なのかが知りたいわけではなく、「どこの企業の誰に」名刺を渡されたのかが気になるのです。
したがって名刺を渡した人間の名前は必ず記載しなければなりませんし、それだけでなくその名前は目立たせる必要があります。
名前が分かっているだけでも誠実さが伝わるはずですし、伝えたいことも伝えやすいでしょう。

・いろいろなデザインを比較してみよう

さらに自分たちのカラーに合った名刺を作成するうえで重要になるのが、いろいろな名刺のデザインを比較してみることで、これはどういうデザインがあるのか知るという意味でもとても良いことです。
情報収集の一環としてこれまでもらった名刺をそれぞれが持ち寄って研究してみるのもいいでしょうし、最近ではインターネット上でも名刺に関する情報が公開されているので、デザインの比較はしやすくなっているはずです。
まずはそういったできることからスタートするのが良いのではないでしょうか?