名刺をデザインするコツ

HOME » 企業名刺のデザインのコツ » 名刺をデザインするコツ

名刺をデザインするコツ

・名刺は自分を売り込む最大のアイテム

企業同士はもちろん個人事業主の取引の際にも名刺は必ず使われますし、これがなければ取引がスタートできないと言ってもいいくらい重要なアイテムであることは間違いありません。
それだけにどこも名刺の作成には力を入れているところが多く、どのようなデザインの名刺を作成するのが自分たちらしいのか…という部分に頭を悩ませています。

名刺を数年ごとに新しいデザインに更新する企業はめずらしくありませんし、常に変化していくことをアピールすることもできますから、その点でも魅力的なアイテムと言えるでしょう。
自分を売り込むためにはただ自分が相手に話して伝えるだけでは伝わりきらない部分もありますし、口で伝えていくと時間もかかってしまいますから、その分取引をする側にも神経を使わせてしまいます。
それなら名刺を渡して一度にこちらの情報を提供するほうが分かりやすいですし、スムーズに協議に移れるので、もはやどこの企業・個人事業主も必ず名刺は作成しています。

・どんなことを伝えたいのか明確に

そして名刺をデザインするときにまず意識しなければいけないのが、「伝えたいことの邪魔をしない」という部分でデザインはあくまでも装飾に過ぎないという点です。
これはすべての企業に言えることですが、名刺はどれだけおしゃれにしても相手に自分の名前や企業を覚えてもらわなければ意味がありませんので、好感触を得られるような工夫が必要になります。

まずは自分がどんなことを伝えたいのか?という部分がとても大切になりますので、自分が何者なのかどんなことをしているのかということを名刺一枚で伝わるようにしてください。
たとえば営業部に所属しているのであればその旨を記載するのは当然ですし、名刺に記載されている本人の携帯電話番号やメールアドレスを記載しておけば興味を持ってもらえたときに個人的に伝えることも可能です。
つまり相手が動きやすいように配慮された名刺を作成することが重要になるのです。

・デザインは企業の方向性に合わせて

さらに名刺のデザインをするときのコツですが、これは「企業のイメージに合っているか」という点がとても重要で、これはそのまま企業イメージに直結するところでもありますから慎重に決めなければなりません。
文字や背景のカラーをどのようにするかでも異なりますし、文字のフォントや大きさなどこだわれる部分はいくつもありますので情報収集をしっかりしてください。